三重NST研究会のお知らせ

第29回 三重NST研究会学術集会

【日時】
2019年6月1日(土) 13:30〜17:00

【場所】
三重県総合文化センター 小ホール
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
TEL 059-233-1111(代表)
アクセスマップはこちらをクリック≫

【開会の辞】 紀南病院 リハビリテーション科 副院長 山中 学 先生

【情報提供】 「最近の経腸栄養剤の話題について」   椛蜥ヒ製薬工場 (13:30〜13:45)

【セッションT】 一般演題  (13:45〜15:45)

【司会】
紀南病院 リハビリテーション科 副院長 山中 学 先生

1.「あいーとRが食べる勇気に繋がった進行食道癌の一例」
済生会松阪総合病院 NST 晝河 美絵 先生

2.「安全な静脈経腸栄養管理の為のフラッシュプロトコールの検討」
藤田医科大学七栗記念病院 薬剤課 二村 昭彦 先生

3.「経腸栄養剤の誤接続防止に対する取り組み」
イーエヌ大塚製薬株式会社 製品企画本部 小笠原 憲一 先生

4.「回復期リハビリテーション病棟における入院時のBMI、栄養状態、骨格筋量の推移」
紀南病院 栄養室 沢田 浩一 先生

5.「外来患者におけるサルコペニアのスクリーニング−SARC-F日本語版を用いて−」
伊勢赤十字病院 糖尿病代謝内科 井田 諭 先生

休憩 (15:45〜15:55)

【セッション2】 特別講演   (15:55〜16:55)

【司会】
藤田医科大学 医学部 外科・緩和医療学講座 教授 東口 志 先生

『高齢者の栄養管理
フレイル・サルコペニアの観点から』

国立長寿医療センター 理事長 荒井 秀典 先生


【次回当番世話人】 
鈴鹿中央総合病院 栄養科 科長 中原 さおり 先生
【総括】
済生会松阪総合病院 副院長 清水 敦哉 先生

当日、医療及び福祉関係者は参加費として1,000円を徴収させて頂き、会場の運営費に充てさせて頂きます。 尚、本研究会参加者は日本静脈経腸栄養学会認定資格栄養サポートチーム専門療法士認定単位(2単位)の各単位が認定されます。

当日はご参加頂いた確認の為、施設名、氏名のご記帳をお願い申し上げます。ご提供頂きました個人情報は、講演会のご出席者の確認と連絡のために使用いたします。個人情報は、主催関係者および業務委託先を除く第三者に開示・提供することはありません。又、弊社の個人情報保護方針に基づき安全かつ適切に管理いたします

【問い合わせ先】
株式会社大塚製薬工場 名古屋支店 岡本 翔太(052-957-2411)
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-13-21

【共催】 三重NST研究会 株式会社大塚製薬工場 イーエヌ大塚製薬株式会社


第29回 三重NST研究会学術集会のファイルをPDF形式でご覧いただけます。また、ダウンロードする場合は、各アイコンを右クリックし 保存先を指定するように操作します。

第22回 三重NST研究会学術集会

トップへ戻る