三重NST研究会 会則

◆ 総則 名称

【1条】・本会は、三重NST研究会と称する。NSTとは、Nutrition Support Team(栄養サポートチーム)の略称である。

◆ 目的

【2条】・本会は栄養療法及びNSTの進歩、発展をはかり医療及び研究に貢献する事を目的とする。

◆ 事業

【3条】・本会は上記目的を達成の為次の事業を行う。

1・学術集会の開催
2・その他本会の目的達成の為に必要な事業

◆ 会員及び賛助会員

【4条】・本会の会員は、本会の主旨に賛同する医療人等をもって構成する。

【5条】・本会に賛同する個人、団体、企業の申込みがあれば、世話人会の承認をもって、賛助会員を認める。

◆ 役員

【6条】・本会には次の役員を置く。

名誉顧問:1名
顧問:1名
代表世話人:1名
世話人:日本静脈経腸栄養学会NSTプロジェクト参加コアスタッフを中心に選出し、多職種から構成するよう配慮する。
会計監事:1〜2名
役員の任期は2年として、再選は可能とする。

【7条】・役員の選出と職務
1・代表世話人、世話人及び会計監事は世話人会の推薦により、世話人会の承認を得て決定される。
2・代表世話人は会を代表して、会の運営にあたる。

◆ 総会及び世話人会

【8条】・総会は原則年1回として、世話人会の決定事項を報告し承認を得る。

【9条】・世話人会は必要に応じて開催する。

【10条】・世話人会は次の事項を審議する。審議事項は出席者の過半数により決定する。

1・事業報告及び会計報告
2・事業計画
3・役員に関する事項
4・会則の変更
5・その他必要と認めた事項

◆ 学術集会

【11条】・学術集会は世話人の持回りによる当番世話人制で開催する。

【12条】・研究発表者は会員である事を原則とする。

【13条】・会員以外で当番世話人が承認した場合、臨時会員として、学術集会に参加発表する事ができる。

【14条】・主旨に賛同する団体、企業との共催は、世話人会の承認を得て開催する事ができる。

◆ 会計

【15条】
・本会の運営に関する諸経費は下記による。

1・学術集会 参加費(参加費をもって会費とする) 参加費は1名 1,000円とする。
2・寄付金
3・その他

◆ 事務局・連絡先

【16条】 ・本会に事務局を設置する。
事務局は済生会松阪総合病院に置く。

住所:〒515−8557
松阪市朝日町1区15番地6
TEL:0598−51−2626(代表)
FAX:0598−51−6557

◆ 付則

本会の会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
本会則は2003年11月1日から施行する。

◆ 役員名簿

代表世話人 : 清水敦哉(済生会松阪総合病院)
世話人 : 別紙参照
会計監事 : 住田安弘(三重大学医学部第3内科) : 加藤弘幸(尾鷲総合病院)

(順不同、敬称略)

◆ 付記

1:会員名簿の作成する。
2:公印の作成をする。

トップへ戻る